ドクターシーラボでデリケートゾーンの黒ずみを諦めないで

117

黒ずみになる原因と日常生活の見直し

デリケートゾーンの黒ずみの原因は何種類かあります。メラニン、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れなどです。一番よく聞かれるのがメラニン色素です。肌の中で最も敏感なデリケートゾーンは、下着による刺激や摩擦によって色素沈着をおこしやすく、他の肌よりメラニン細胞が活発なで、下着をずっとつけていると肌を守るために黒ずみを起こします。入浴の時にも硬いボディタオルでゴシゴシ洗ったり、カミソリや毛抜きでの脱毛は肌への刺激となり、これも黒ずみの原因になります。デリケートゾーンの黒ずみは、肌の色が茶色っぽくなってきたり、さらにこげ茶色っぽくなってきます。
ホルモンバランスの乱れは、ターンオーバーの乱れにも繋がります。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、皮膚が生まれ変わるリズムが約28日間かかるといわれていますが、女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあり、このバランスが乱れるとターンオーバーの乱れに繋がっていきます。ターンオーバーの乱れにより、メラニン色素が沈着したままになり、黒ずみができます。黒ずみが改善できるように日常生活の中で簡単にできることとしてあげられることは、肌を乾燥させないためにも、締め付ける下着をつけない、石鹸でゴシゴシ洗わない、ホルモンバランスの乱れをふせぐために、睡眠不足、食生活の見直しなどです。ストレスも女性ホルモンのバランスを大きく崩す原因の1つです。デリケートゾーンにダメージを与えてしまって黒ずみになってしまった肌は、乾燥しているので、保湿性の高いクリームなどを使い水分を補うことが大切です。

成分をしっかり見ていい商品を使う

デリケートゾーンの黒ずみ解消にドクターシーラボの商品を紹介します。ドクターシーラボは化粧品ブランドを展開して、アクアコラーゲンを主成分とした基礎化粧品を中心にスキンケア化粧品やメイクアップ、ボディケア、今では健康食品や美容機器なども扱っています。
デリケートゾーンの黒ずみを徹底的に美白にする商品は、ドクターシーラボの「薬用ボディ・ピンク」です。皮膚科の医師が開発しています。2つの薬用有効成分、持続性ビタミンC誘導体がメラニンに働きかけて黒ずみ防止に繋がり、できてしまった黒ずみもメラニンを薄くし解消していくれ、甘草根から抽出したグリチルリチン酸2Kが刺激によるダメージから助け、黒ずみ防止に効果があります。さらに海洋プラセンタという美容成分、植物の種子から抽出したエキス、米ぬかのエキスで肌の透明感をだします。ホルモンバランスなどが乱れておきる不規則なターンオーバーもレチノール、リンゴ酸、オニイチゴ根エキス、ビワ葉エキスの4種類の成分で明るい肌を導いてくれ、コラーゲンとヒアルロン酸とシアバターで保湿をしっかりしてくれて効果が期待できます。「薬用ボディ・ピンク」は固めのクリームで ベタベタはせず、愛用されている方の意見もデリケートゾーンの黒ずみが緩和されてきた、少しずつ薄くなってきた、塗った次の日に黒色から薄茶色のなった感じなどの感想もあります。日々の積み重ねで、デリケートゾーンの黒ずみは元に戻ります。

デリケートゾーンの人気ケア用品はドラッグストアで手に入れよう

116

お肌の黒ずみの基本的な知識

最近脱毛をする女性が増えてきて、VIO脱毛を行う人も増えています。同時にデリケートゾーンの黒ずみも意識されるようになってきました。そこで、黒ずみの原因を紹介すると、トップ3はメラニン色素の増加、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れでした。メラニン色素は紫外線や衣類による摩擦から体を守るのに必要不可欠です。しかし増えすぎると色素沈着につながるため、専用のクリームや石鹸で美白ケアしたり、トラネキサム酸入りの化粧水や飲み薬でスキンケアする必要があります。
皮膚の新陳代謝のことをターンオーバーといいます。これは28日周期でおこなわれるのが理想で、早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因になるそうです。
次にエストロゲンというの視床下部の脳下垂体から分泌される女性ホルモンのバランスは過度のダイエットやストレス、不規則な生活、睡眠不足、更年期などが原因で簡単に崩れてしまうため、ストレスを避け規則正しい生活習慣と食事をとる必要があります。更年期障害に効果的なのは、ビタミンEや亜鉛、エストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンを積極的に摂ることとウォーキングなどの適度な運動をすることです。お肌を美しく保つ基本は、やはり規則正しい食生活とスキンケアであることは間違いありません。そのために毎日少しずつ健康と美を意識して、あなたも黒ずみを解消しましょう。

黒ずみケアで人気の商品はドラッグストアで手に入る

デリケートゾーンの黒ずみケアをする商品はドラッグストアでも簡単に手に入るものがいくつかあります。ドラッグストアの塗り薬や乳液、クリームは医薬品、医薬部外品、化粧品、薬用化粧品の4種類に分けられます。国から安全である、効果があると認められている成分が含まれているかによって変わってきます。医薬品は配合されている有効成分の効果が確実です。それに対し、医薬部外品は効果や効能は認められているが、積極的な治療ではなくどちらかといえば予防的なものといえるでしょう。化粧品は皮膚や肌を健やかに保つための製品といえます。薬用化粧品は有効成分が含まれてはいますが、医薬品ほどの効果を期待できるものではないといえます。
デリケートゾーン専用の商品ではありませんが、ドラッグストアで人気のケア商品をご紹介します。
1つめはバイオイルです。保湿、傷跡の修復に効果があるといわれています。3ヶ月バイオイルを使用して、68%の人が色素沈着が解消したというデータがあります。
2つめにワセリンです。ワセリンは保湿効果が非常に高く、肌を柔らかくするので、乾燥によるかぶれや、黒ずみが悪化するのを防いでくれます。
3つめは豆乳ローションです。豆乳には高い美白効果があります。ビタミンCとイソフラボンが配合されているものがおすすめです。
4つめはニベアです。誰でも知っているニベアですが、ワセリンやホホバ油、クエン酸が配合されていることから、肌を柔らかくし、古い角質を落とすのに効果があるようです。
ほかにもドラッグストアにはたくさんの医薬品クリームや体の内側から改善するための飲み薬もあります。ぜひ足を運んでみましょう。

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみ改善

115

黒ずみを改善するために重要な成分

市販の黒ずみクリームでデリケートゾーンの黒ずみを改善するには、クリームに含まれる成分が重要となってきます。黒ずみは、配合されている成分をデリケートゾーン塗っていくことで改善することが可能になります。
黒ずみクリームに配合されている成分として重要になってくるのが、トラネキサム酸という成分です。このトラネキサム酸はのどの痛み止めや皮膚疾患の薬の成分にも含まれていることが多いです。また、黒ずみを消すための成分はトラネキサム酸以外にもビタミンCや尿素成分が配合されているかが重要になってきます。
尿素といえばアンモニアを思い浮かべる方も多いですが、そういったものではなく、あくまでもクリームに配合されている成分のことです。尿素は角質を柔らかくしてくれる効果もあり、角質を柔らかくすることによって黒ずみがとれやすくなります。
黒ずみを除去するには除去クリームを決められた日数しっかりと守って塗ることも大切ですが、それに合わせて、保湿クリームを塗ることも大切です。デリケートゾーンは下着などの布で守られていますが、運動などをすると摩擦が起き、黒ずみの原因にもなるので、黒ずみがなかなか消えないという人の中にはクリームが効いていないのではなく摩擦によって黒ずみが消えないという原因もあります。市販の黒ずみクリームであっても使用方法を間違えなければ、デリケートゾーンの黒ずみは軽減していきます。

新たな黒ずみを作らないための努力も必要

デリケートゾーン黒ずみを軽減させるひとつの方法として、デリケートゾーン専用のクリームを継続的に塗ることも重要ですが、黒ずみを増やさないための努力も必要です。デリケートゾーンの処理を行っている人の中には黒ずみが目立って大浴場や水着を着るのを控えているという人もいます。
黒ずみは、使っているクリームとの相性が悪いとちゃんと使っているのに黒ずみが消えないということもあります。ですが、黒ずみがなかなか消えてくれないもうひとつの理由として挙げられるのが、衣類との摩擦によりクリームで一時的に消えたとしても、また黒ずんでしまうといった理由があります。摩擦を最小限に抑えれば新たに黒ずみが生まれるということを防ぐことも可能になります。また、摩擦に気をつけるだけでなく、通気性を良くし、デリケートゾーンの清潔感を保つのも大切です。最近では、黒ずみ解消だけでなく美肌効果のある黒ずみクリームも市販されていて、黒ずみ以外にもさまざまなトラブルを予防することができます。。
デリケートゾーンの黒ずみはその人の体調にも関わってくることが多いです。体調が思わしくない場合やホルモンバランスの崩れから黒ずみが増えることがあります。黒ずみクリームを使うことや肌の清潔を守ることも大事ですが、いちばん大切になってくるのは、自分自身の体調です。この3つを心がけると今までよりも黒ずみが目立たなくなることが多いです。

デリケートゾーンの黒ずみを薬局の商品で悩み解消

114

デリケートゾーンの皮膚

メラニン色素の分泌でデリケートゾーンの黒ずみがおきてしまいます。メラニン色素が黒ずませるというと迷惑なものと感じる方もいるでしょうが、メラニン色素は外傷から皮膚を防護するという大切な役割をしていて、体になくてはならない大切なものです。特にデリケートゾーンは肌と触れ合う下着が締め付けられて窮屈な状態でいると、デリケートゾーンが摩擦を起こしメラニンが分泌してしまいます。肌の新陳代謝のターンオーバーも30代を過ぎるころから少しずつ代謝が悪くなり、古い細胞から新しい細胞へ再生するペースが遅くなり、50代ではさらにペースが遅くなります。
デリケートゾーンは言葉通り皮膚の最も弱い部分で、皮膚も薄いのです。皮膚が薄いということはケア用品に含まれる成分の吸収率も高いので、しっかりと黒ずみに合う商品でケアすると効果も早いということです。黒ずんでしまったデリケートゾーンを自宅で解消するには、専用の石鹸、クリームなど薬局で購入するのもお勧めです。

薬局の商品を選ぶコツ

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためにどんな方法がよいか、悩んでいる女性は多いと思います。
美容皮膚科やクリニックへ通う方法ではなく、自宅で解消するには薬局や通販などの商品を購入して、ケアするという方法があります。かなりのケア商品の数があり、選択するのにも悩みますが、薬局での購入でデリケートゾーンの黒ずみを解消する商品やポイントを紹介します。薬局は自分で目の前にある商品を手に取って見ることができること、自分が嫌でなければ薬局の方と相談して購入できる、薬剤師がいる薬局はそういう点が安心です。
選ぶ基準として、尿素が入っているものは、かたくなっている角質を柔らかくしてくれ、角質をはがれやすくし、ターンオーバーを活発にし、色を薄くしてくれます。ビタミンCは、メラニンの生成を予防する働きがあるので、黒ずみが増えないようにします。薬局は薬剤師がいるのため、ビタミン剤などの内服薬も販売されているので、塗るタイプと併用するとさらに美白効果が期待できます。トラネキサム酸は刺激が弱く美白成分が入っているのでお勧めです。注意としてハイドロキノンが入っている商品は刺激が強いのでデリケートゾーンにはむかないので気をつけてください。ほとんどの薬局で扱っている商品のバイオイルは、デリケートゾーンの色素沈着黒ずみに効果があり、3ヶ月使って68%の人が色素沈着が解消されたという統計もあります。ターンオーバーの働きもよくすると言われています。保湿といえばワセリンがあります。黒ずみの原因となる乾燥を防げて肌を柔らかくする作用もあります。黒ずみのケアには美白効果の高い豆乳ローションが人気で、1ヶ月位毎日続けることで効果を実感しているという人も多くいます。体内からデリケートゾーンの黒ずみをケアしたいのなら、シオノギ製薬が製造しているシナールという内服薬が良いでしょう。黒ずみ原因のホルモンバランスの乱れやターンオーバーの乱れを緩和してくれます。美容皮膚科やクリニックとは違い即効性はないですが、薬局で購入するメリットは金額面も安いので、長くじっくりと続けられるということです。自分に合った黒ずみ改善商品を見つけてください。

市販品でデリケートゾーンの黒ずみを解消しよう

113

バイオイル

市販品で黒ずみに効果があると言われているのがバイオイルです。実際に使用した結果、68%の人が3ヶ月で色素沈着が改善されたという報告があります。バイオイルには黒ずみ改善のための成分としてビタミンA、ビタミンE、トウキンセンカエキスが含まれています。
ビタミンAには肌の新陳代謝を促進させる効果があります。皮膚の古くなった組織を新しいものにします。ビタミンEは酸化を抑制したり、メラニンを排出する効果が期待できます。トウキンセンカエキスにはメラニンの元となるメラノサイトの働きを抑制する効果があります。、またバイオイルには保湿成分を皮膚の深くまで浸透させ、肌を丈夫にして刺激から守るといった効果があります。それによって、下着の締め付けなどによってできてしまう黒ずみを予防します。

ヨーグルトパック

もう一つデリケートゾーンの黒ずみの解消に有効と言われているのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌や
乳清、フルーツ酸などといったビタミン類が豊富に含まれていて、その成分が角質を柔らかくし、新陳代謝を促進します。また保湿力に優れていて肌を乾燥から守る役割もあり、黒ずみに効果があると言われています。乳清に含まれているフルーツ酸には、古い角質を除去し新陳代謝を正常化させる角質ケアの効果があります。また乳酸には皮膚の働きを活発にする効果があり、黒ずみが発生しにくい肌へと変化させてくれます。ヨーグルトをデリケートゾーンに使用しても大丈夫かどうか心配な人もいるかもしれませんが、体に対して有害なものは一切含んでいないため、安心して使用することができます。
ソフトヨーグルトとプレーンヨーグルトの2種類ありますが、添加物を一切含まず乳酸菌で発酵させているプレーンヨーグルトを選ぶと良いでしょう。作り方は簡単で、ヨーグルトを2枚ほど重ねたティッシュの上に乗せて伸ばします。それを黒ずみを解消したい部分にあてて、5分ほどそのままにしておきます。そして最後に洗い流せば終わりです。ヨーグルトは誰もが購入できる商品なので、一度試してみてはいかがでしょう。

市販品の選び方のポイント

まずは尿素の成分を含んでいるかどうかです。黒ずみの原因の一つとして、古い角質が付着したまま蓄積され、酸化してしまうことがあげられます。そのため、この古い角質を取り除く必要があるのです。尿素には角質を柔らかくする効果があるので、硬くなった角質をはがれやすい状態にします。また尿素には角質のもととなるタンパク質を分解する効果があるので、古い角質の分解もおこないます。そうすることで、沈着してしまったメラニン色素を薄くすることができるようになります。また尿素には保湿効果もあるため、肌の潤いを保ちます。
グリチルリチン酸2Kが配合されているかどうかもポイントです。グリチルリチン酸2Kには炎症を抑える効果があるため、肌荒れの防止などにもつながります。次にビタミンCです。ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きと、シミなどを薄くする働きがあります。さらに内服することによってシミ予防につながりますし、美白効果もあります。

毎日の正しいケアでデリケートゾーンの黒ずみを予防

112

デリケートゾーンは丁寧にケア

女性にとってデリケートゾーンの悩みというのは、誰かに相談するのも難しいため、なかなか尽きない問題かと思います。特に黒ずみがあると汚く見えて、水着などを着るのをためらってしまい、夏のレジャーを楽しめなくなってしまいます。黒ずみ治療のために美容皮膚科に通うのは恥ずかしいし、お金もかかってしまうので簡単には決心できないものです。ならば、ドラッグストアなどで簡単に手に入るアイテムを使って、黒ずみが発生しないように自分でケアしてみてはいかがでしょうか。
デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に弱いため、顔や体に使うクリームなどを使用するとかえって悪影響になる可能性もあります。デリケートゾーン専用のケアアイテムは低刺激のため、黒ずみが悪化したり、炎症が起きたりする心配はほとんどありません。デリケートゾーンは体の中でも特にやさしくケアすることが大切です。

デリケートゾーンを洗うときの注意点

綺麗にしたいからといってデリケートゾーンを洗いすぎると皮膚を守っている常在菌まで洗い流してしまい、かえって黒ずみが強くなってしまったり、炎症を起こしてしまったりとさまざまな皮膚トラブルに発展してしまいます。デリケートゾーンを洗う際には、まずは石鹸選びが大切になります。重要なポイントは弱酸性であること、殺菌・抗菌作用のあるもの、人工香料や着色料などの刺激になるものが含まれていないことです。
人間の皮膚は弱酸性ですが、市販されている石鹸やボディソープは洗浄力が強いアルカリ性のものが多く、乾燥や肌荒れを引き起こしやすいです。弱酸性のものであれば肌にも優しく、しっかりと汗や汚れを落とすことができます。また、殺菌・抗菌作用のあるものならばデリケートゾーンをより清潔に保ち、かゆみやムレも抑えて、黒ずみ以外にもさまざまなトラブルを予防します。人工香料や着色料などの化学物質はデリケートゾーン以外の皮膚にもダメージになるので、敏感肌や乾燥肌の方は特に避けるべきです。
そんな要望を叶えてくれる石鹸をいくつか紹介します。
1つめは、コラージュフルフル泡石鹸です。弱酸性なのはもちろんのこと、低刺激・無香料・無色素のため、大人だけでなく乳幼児にも安心して使用できます。殺菌成分や抗カビ成分も含まれていて、デリケートゾーンの臭いやかゆみなどのさまざまなトラブルを解消し、予防することができます。泡で出てくるポンプ式のため、片手でもすぐに使える点も魅力的です。
2つめは、東京ラブソープです。これはアルカリ性ですが、天然の植物由来の洗浄成分を使用しているため、肌へのダメージは最小限に抑えられます。また、高い水分保持力と抗酸化作用を持つセリシンを配合しているため、美肌ケアも同時に行うことができます。東京ラブソープにはシリーズ品があり、消臭・抗菌作用が高い薬用東京ラブソープ、黒ずみやくすみに効果的な美白エキスを7種類配合した東京ラブソープピュアガールズ、より高い抗酸化力やうるおい成分を配合した東京ラブソーププレミアムがあり、デリケートゾーンの悩みに応じて選ぶことができます。
洗う際にも、こするように洗ってしまうと皮膚を傷めてしまうので、石鹸をよく泡立ててやさしく包むようにすると良いでしょう。泡で包んで2分ほど置いたらぬるま湯で洗い流しましょう。

保湿ケア用品の選び方

デリケートゾーンを綺麗にしたら、外部刺激から守るために保湿を行うのが大切です。人工香料や着色料や保存料などが含まれているものは刺激になってしまうので肌荒れの原因になる可能性があります。
保湿用品として非常に手軽なのが、ワセリンです。皮膚に薄い膜を作って水分を保持し、皮膚を柔らかくしてくれます。また、ニベアも効果的です。ニベアはワセリンに加えてホホバ油やクエン酸が配合されているので、より高い保湿効果や美容効果が期待できます。
デリケートゾーンの黒ずみは発生させないことが大切です。毎日の丁寧なケアで、デリケートゾーンを綺麗に保てるようにしましょう。